スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 11巻

特装版には初期エピソードのリメイク小冊子が付いてきます。




11巻!!もう11巻目に突入ですよ!相変わらず刊行スピード早いなー。
なんか表紙のロゴとか背表紙の絵柄が変わってて、身も心も心機一転な「ゆるゆり」な気がします。まぁ内容はいつものゆる~い話なんですが。

今回のエピソードの中で気に入ったのは、京子×櫻子とのゲーセンでクレーンゲームする話だな。普段からボケに徹している二人が合間見えたらどうなるのか…。話の流れから、さすがに互いが互いを突っ込まざるを得なくなったりしてて笑えたわw
似たもの同士、やっぱ気が合うなこの二人は。
景品を払い出し口ギリギリまで寄せてあげて、最後は本人に取らせて上げるとか、京子の後輩に対する優しさみたいなのが垣間見えてホッコリしますね(´ω`*)

リメイク小冊子には初期エピソードのリメイクを少し。
原点回帰とはいえ、あかりの祝え祝えーがなかったことにされてるのにはワロタ。確かに、今じゃ絶対言わねーからなw



巻数が二桁に突入したあたりから、徐々に俺の本棚の一角がゆるゆりワールドに変わりつつある。
一つ言っておくと、
俺はゆるゆり二巻から入ったゆるゆりファン(微妙な古参気取り)で、アニメから入った新参者とは違うと自負してる。しかし…。
ゆるゆりガチ勢ならBD/DVDを5セット完走するのも厭わない、与えられた責務だとも思う…。けれど…。

どうも俺アニメの方は好きじゃないんですよね。(笑)


なんていうのかな~、肌に合わないっていうか。声優?作画?なんかいろいろ違う気がするんですよねー。
俺の中の評価 アニメ<<<<<(越えられない壁)<<<<<原作
だからアニメは一期も二期も殆ど見てない。グッズも買う気にならなかった。なもり先生ごめん!
(最近だと「ディーふらぐ!」の原作も読んだけど、あれは全くこれの逆だったな。いろいろ話端折ってたけど、アニメの方が好き。)


しかし一旦アニメ化とかすると原作の勢いが衰えたりするのだけれど、ゆるゆりに関しては全く衰えを感じさせないな。
以前は三ヶ月連続刊行とか、読者が心配するほどブースト掛かったりしてたし…。安定して速筆できる稀有な作家やで、ほんまに。




関連記事

Tag:漫画 ゆるゆり

- 2 Comments

詠  

No title

はじめまして、訪問履歴から訪問させて頂きました、詠と申します。

ゆるゆりは早くも11巻突入で初期リメイク付きとは良い特典ですよね!(笑)私も、アニメのゆるゆりは別物と思っていたのでついつい共感してしまいました(笑)

2014/02/06 (Thu) 11:46 | EDIT | REPLY |   

あるま  

Re: No title

> 私も、アニメのゆるゆりは別物と思っていたのでついつい共感してしまいました(笑)
おー奇遇ですねw
アニメ化決定!となった時はめちゃくちゃ嬉しかったんですけどね…。
アニメを否定するわけじゃないんだけど、なぜか漫画だけで満足しちゃったw

2014/02/06 (Thu) 13:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ゆるゆり 11巻
  • JUGEMテーマ:漫画/アニメ     松本りせや、西垣奈々の登場が少ないのは残念です。しかし、大室撫子が喫茶店にいるのは面白い試みでしたね。櫻子が店に入ってきたら出てしまったのは   顔を合わせたくなかったからなのか?   Specialにアニメ2期の宣伝が &...
  • 2014.04.01 (Tue) 21:25 | こみち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。